クロムハーツを高く買取って貰う方法を知る

もともとはバイク用皮革ファッションだった

クロムハーツは男性にとても人気のある商品です。1988年に設立され、短い年月でたしかな地位を確立しています。今ではシルバーアクセサリーの代表的なブランドだと言えるでしょう。そんなクロムハーツですが、もともとはバイク用皮革ファッションだったのをご存知の人は少ないでしょう。そのため、クロムハーツはレザーに対するこだわりがとても強いのが特徴だといえます。使われているレザーはヘビーレザー・スウェードレザー・ソフトレザーなど数種類あるので、品質のいい革製品を求めている人にはおすすめです。

クロムハーツを高く売るコツ

使わなくなったらすぐに売る

クロムハーツのアイテムは、その時の流行に左右されることが大きく、それに応じて相場の変動も大きくなります。とくに新作は、流行が終わってしまう前に、少しでも早く買取ってもらうのがおすすめです。限定品や非売品は時期によって価値の変動があるので、業者に問い合わせたほうがいいでしょう。

レシートを保管しておく

クロムハーツだけに限ることではありませんが、物によってはレシートの有無で査定額が変わることもあります。特に革製品はレシートが重要で、レシートが無ければ、修理をしてもらえない可能性があります。クロムハーツの場合は大きく査定に影響されるようなので、無くさないよう大事に保管しておきましょう。

1つだけでなくまとめて売却する

貴金属類は1点だけだと、査定額がつきにくい場合があります。そのため、もし買取を希望するのであれば、他にも不要なものがないか確認しできるだけまとめて売却するのがおすすめです。もちろん、高価なものは1点だけでも十分価値があるので、気にしなくていいでしょう。

クロムハーツを高く買取って貰う方法を知る

シルバーアクセサリー

店舗への持ち込み以外にも買取ってもらえる方法はある

貴金属類の買取は、直接持ち込み査定してもらう方法だけでなく、遠方の人のために宅配買取や、出張買取を実施しているお店が多いでしょう。どの方法も、まずは査定し見積もりを出してくれるので、納得のいく金額でなければ売却しなくても問題はありません。また、売却時には身分を確認できる書類が必要になります。
・運転免許証
・保険証
・住民基本台帳カード
・パスポート
のいずれかを用意しておきましょう。

刻印にも注目する

売却する際には、本物かどうかも重要です。クロムハーツの場合、刻印に注目してみるといいでしょう。クロムハーツの刻印は、刻印の深さが均一でなうのが特徴で、刻印が薄かったりするものもあります。なぜこのような特徴があるかというと、職人がひとつひとつ手作業で作成しているからです。そのため、深さが均一ではないのですが、もし刻印の深さが均一なら機械で刻印している可能性が高く、偽物であると言えるでしょう。

共通のパーツがある

クロムハーツには、ブレスレットの留め具やウォレットチェーンのクリップなど、共通するパーツがあります。このパーツは製造時期によってパーツの型が違います。そのため、詳しい人が見ればパーツだけで本物か判別できるでしょう。しかし、プロ以外の人には判別は難しいので、しっかりと知識を持ったお店で見てもらい、買取をお願いするといいでしょう。

広告募集中